株式会社機能性ペプチド研究所株式会社機能性ペプチド研究所 〒999-3766 山形県東根市神町西4丁目-5-1
TEL:0237-53-1488 FAX:0237-47-1477
トップページへ 会社概要へ 事業内容へ 製品案内へ お問合わせ
Provide the best environment for each cell


ウシ受精卵培養関連製品
■ウシ体外受精卵作製用無血清培養液
媒精液

IVF100 (媒精液):IFP9630

体外受精用のBO液(BrackettとOliphantによって1975年に報告された)を基本に、HEPESを加えてpHの変化を抑え、保存性を高めた調製済み媒精液です。精子の受精能の獲得を促進するために、カルシウムイオン、へパリン、カフェイン、ロット検定済みの牛血清アルブミン、その他の受精促進因子を最適濃度に含んでおります。凍結精子をこの媒精液で洗浄後、必要とする精子濃度に調製し成熟させた卵子と混合し、6時間培養するだけで高い受精率が得られます。

媒精液G-セット

IVF110S (媒精液G-セット):IFP9631

本製品は体外受精用媒精液(BO液)をもとに、牛体外受精専用の精子洗浄液と改良した媒精液のセット(媒精2回分)です。従来、体外受精では受精率の低かった種雄牛凍結精液(例:北国7の8等)の受精率向上に効果があります。

卵子成熟共培養培養液

IVMD101 (卵子成熟、共培養用培養液)
:IFP9641

体外成熟及び受精卵の共培養用完全無血清培養液です。199培地を基本にして改良しました。発生を阻害する成分を除き、その他の成分を最適濃度に調製し直し、更に卵子の成熟を促進し、胚発生を促進する因子を添加してあります。また、一般的に成熟促進に用いられる動物由来性ホルモン(ゴナドトロピン、FSH、LH)は含んでおりませんので常に安定した生物活性が得られます。もちろんこのようなホルモンの添加はいっさい必要ありません。顆粒膜細胞との共培養で、一般的な炭酸ガス培養器を用いて培養できます。

裸化受精卵培養液

IVD101 (裸化受精卵培養液):IFP9651

顆粒膜細胞との共培養を必要とせず、酸素濃度を制御できる炭酸ガス培養器を用い、受精卵単独で培養するための培養液です。卵子成熟、共培養用培養液(IVMD101)を更に改良し、当社で発見した発生促進因子等を添加してあります。媒精後顆粒膜細胞を除去し、この培養液で培養することで培養中の胚の管理が簡単になります。また低酸素下での培養のため、活性酸素等による傷害を低下させることが出来、高品質な移植可能胚の生産が出来ます。

共培養プロトコール.pdf
低酸素培養プロトコール.pdf

Copyright(C) 2007 Research Institute for the Functional Peptides Co., Ltd All rights reserved.